研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団

研究ターゲッティング 内藤記念科学振興財団

Add: oxytec22 - Date: 2020-12-15 10:15:32 - Views: 1298 - Clicks: 1811

26 片岡一則 センター長、長田 健介 客員研究員(量子科学技術研究開発機構)、内田智士 客員研究員(東大・カブラル研)らの研究グループは、世界で初めて、肝類洞壁の表面を選択的かつ一過性に覆う物質を創生し、遺伝子治療薬の肝排泄を制御することに成功し、記者会見を行いまし. 中村孝司 「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」 YAKUGAKU ZASSHI vo. PubMed ID:. 真栄城正寿, 佐藤悠介, 原島秀吉, 渡慶次学.

. J Control Release 193:. PubMed ID:. Kuraya D, Watanabe M, Koshizuka Y, Ogura M, Yoshida T, Asahi Y, Kamachi H, Nakamura T, Harashima H, Ozaki M, Umezawa K, Matsushita M, Yamashita K, Todo S. 11: p()PubMed ID:.

山田勇磨 「第6章 DDSを越えるナノ医薬品の世界 6. Delivery of Nucleic Acids and Gene Delivery. Kusumoto K, Akita H, Santiwarangkool S, Harashima H.

Development of a multifunctional envelope-type nano device and its ap. 262(2):. Mixing lipids to manipulate the ionization status of lipid nanoparticles for specific tissue targeting. 中村孝司、山田勇磨、秋田英万、原島秀吉 第6章 遺伝子医療・核酸医薬品とDDS「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用」pp DDSの研究30年 PHARM TECH JAPAN vol. PubMed ID:.

研究ターゲッティング 見る動く考える (内藤記念科学振興財団 編 日本学会事務センター・学会出版センター 800円) 名誉教授とか学長といった肩書きを持つ人々が、『内藤財団時報』に書いた「若い研究者のために」という原稿42編を集めたもの。. Editors: Volkmar Weissig and Gerard G. Ligand-based targeted delivery of a peptide modified nanocarrier to endothelial cells in adipose tissue.

佐藤清夫, 熊谷康夫編. A Novel Nonviral Gene Delivery System: Multifunctional Envelope-type Nano Device. Maeki M, Fujishima Y, Sato Y, Yasui T, Kaji N, Ishida A, Tani H, Baba Y, Harashima H, Tokeshi M. J Control Release 307:. PubMed ID:.

芳賀 猛 (東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻) 2. 天然記念物の野生馬で見られた馬伝染性貧血ウイルス感染と制御の課題(13:10-14:00) 芳賀 猛 (東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻) 3.. Targeting the Mitochondrial Genome Through a Nanocarrier and the Regulation of Mitochondrial Gene Expression. p10 ターゲッティング・遺伝子治療・デリバリー; p11 その他; 7月6日(金)9:00~9:50 s6 アポトーシス. 研究ターゲッティング : 見る・動く・考える 内藤記念科学振興財団編 日本学会事務センター, 学会出版センター (発売),. 各国のマネタリーターゲッティングについて 取扱注意. Int J Pharm 473:. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療」、実験医学 羊土社 () 4.

Mutagenicity of oxidized DNA precursors in living cells: Roles of nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes, and translesion synthesis DNA polymerases. Mitochondrial delivery of Coenzyme Q10via systemic administration using a MITO-Porter prevents ischemia/reperfusion injury in the m. . 36(7):15-21,. Hori M, Suzuki T, Minakawa N, 研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団 Matsuda A, Harashima H, Kamiya H. J Control Release 163:.

内藤記念科学振興財団の広報誌「内藤財団時報」に掲載された巻頭言シリーズ「若い研究者のために」を、30年の時を追って編集。 【目次】(「book」データベースより). PubMed ID:. Int J Nanomedicine. Application of a fusogenic peptide GALA for intracellular delivery. 6節」 p141-149, 152-155,ドラッグキャリア設計入門 DDSのからナノマシンまで(片岡一則、原島秀吉 編) 丸善出版株式会社 2. By Leaf Huang, Ernst Wagner and Dexi Liu. 山田勇磨, 中村孝司、原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用、ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用―遺伝子医学MOOK別冊 (編集:山本昌) pp.

研究ターゲッティング : 見る・動く・考える フォーマット: 図書 責任表示: 内藤記念科学振興財団編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本学会事務センター 東京 : 学会出版センター (発売),. PubMed ID:. モデレーター:矢守 隆夫(財団法人 癌研究会 癌化学療法センター分子薬理部)、杉本 芳一(共立薬科大学薬学部化学療法学講座) s6-1. 西田 基宏 (自然科学研究機構生理学研究所・教授) 2,000: 18-052: 低酸素誘導因子 hif1による転写抑制遺伝子群の発現制御メカニズムとその機能解明: 三村 維真理 (東京大学・助教) 2,000: 18-053.

秋田英万、佐藤悠介、中村孝司、原島秀吉 「多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤としたDDS」pp956-961 細胞工学 vol. Yamada Y, Harashima H. Mol Pharm 15:. Kajimoto K, Hossen MN, Hida K, Ohga N, Akita H, Hyodo M, Hida Y, Harashima H. Pretreatment of hepatocyte growth factor gene transfer mediated by octaarginine peptide-modified nanoparticles ameliorates LPS/D-galactosamine-induced hepatitis.

7) P83(1771)~87(1775) 株式会社医薬ジャーナル社 2. 第11章 ミトコンドリアDDS を基盤とした遺伝子治療への展開 杉林堅次監修、(2. Yamada Y, Nakamura K, Abe J, Hyodo M, Haga S, Ozaki M, Harashima H. Efficient intracellular delivery of nucleic acid pharmaceuticals using cell-penetrating peptides. PubMed ID:.

siRNAキャリアーとしてのリポソームの現状と将来 ファルマシア 最前線 47(8):. World J Gastroenterol. Endocytosis of gene delivery vectors: from clathrin-dependent to lipid raft-mediated endocytosis. Anti-angiogenic nanotherapy via active targeting systems to tumors and adipose tissue vasculature.

A 研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団 method for screening mitochondrial fusogenic envelopes for use in mitochondrial drug d. Kirkpatrick (eds. (11/19時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:ケンキュウ ターゲッティング ミル ウゴク カンガエル|著者名:内藤記念科学振興財団|著者名カナ:ナイトウ キネン カガク シンコウ ザイダン|発行者:日本学会事務センタ-|発行者カナ:ニホン. Adv Genet 88:. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Ishitsuka T, Harashima H.

特集 Drug delivery system(DDS)の最新展望 「6.MENDで拓く遺伝子治療への道」 医薬ジャーナル 年7月号(Vol. Understanding the formation mechanism of lipid nanoparticles in microfluidic devices with chaotic micromixers. 内藤記念科学振興財団研究報告集 = The Naito Foundation annual report フォーマット: 雑誌 責任表示: 内藤記念科学振興財団 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 内藤記念科学振興財団 著者名: 内藤記念科学振興財団 巻次(年次):.

「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」 日本核酸医薬学会会誌. General considerations regarding the in vitro and in vivo properties of block copolymer micelle products and their evaluation. Kajimoto K, Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H.

Nakase I, Kogure K, Harashima H, Futaki S. 研究ターゲッティング - 見る動く考える - 内藤記念科学振興財団 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. その他の標題: 研究ターゲッティング : 見る動く考える Targetting: 主題: 科学--研究・指導: 注記: 「内藤財団時報」に掲載された「若い研究者のために」42編を抜き出して1冊にまとめたもの. 内藤記念科学振興財団蔵書目録 和漢書の部. See full list on pharm. Sakurai Y, Mizumura W, Murata M, Hada T, Yamamoto S, Ito K, Iwasaki K, Katoh T, Goto Y, Takagi A, Kohara M, Suga H, Harashima H. Innovative nanotechnologies for enhancing nucleic acids/gene therapy: Controlling intracellular trafficking to targeted biodistribution.

中村孝司、梶本和昭、原島秀吉、ファインケミカルシリーズ、非経口投与製剤の開発と応用~次世代型医薬品の新規投与携帯の開拓を目指して~ 監修:山本昌、遺伝子の体内動態・細胞内動態制御システムの構築とその最適化、pp、株式会社エヌ・ティー・エス 2. J Control Release 190:. Nour AK Shobaki 年10月13日 AsiaNANO NPG Asia Materials Poster Awards 「Optimizing siRNA delivery using specific multifunctional envelope-type nanodevice for liver sinusoidal endothelial cells」 2. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids. 10:. Kajimoto K, Hossen MN, Hrashima H. サムシンググレート ミニレアムサイエンス──人間とは何か 養老孟司 村上和雄.

Int J Nanomed 13:. Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Harashima H. Non-Viral Vectors for Gene Therapy. MITO-Porter for Mitochondrial Delivery and Mitochondrial Functional Analysis. 清水 那有多 年6月 第32回 DDS学会学術集会 口頭発表の部 優秀発表賞「マンニトール構造型pH感受性脂質様材料を基盤とした各種核酸のデリバリーシステムの構築」 3. (Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis) 703:. Shobaki N, Sato Y, Harashima H. Adv Biochem Eng Biotechnol 119:.

Advantages of ethanol dilution method for preparing GALA-modified liposomal siRNA carriers on the in vivo gene knockdown efficiency in pulmonary endothelium. 参考文献:「研究ターゲッティング」、内藤記念科学振興財団、年 (感想) 私も修士のころ、指導教官に「研究の先が見えなくてつらい」と申し上げたことがありました。 お返事は「先が見えないから、研究なんだ。. Transplantation 96:.

PubMed ID:. 研究ターゲッティング : 見る・動く・考える 資料種別: 図書 責任表示: 内藤記念科学振興財団編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本学会事務センター 東京 : 学会出版センター (発売),. 中村孝司、原島秀吉 「c-di-GMP搭載ナノ粒子によるがん免疫療法:抗PD-1抗体との複合がん免疫療法を目指して」 細胞 vol. Methods Mol Biol 683:. 2: pp. , Wiley A John Wiley&Sons, Inc.

El-Sayed A, Harashima H. The polyethyleneglycol dilemma: advantage and disadvantage of PEGylation of liposomes for systemic genes and nucleic acids delivery to tumors. PubMed ID:. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略」、小児科診療 82巻4号 診断と治療社 () 6. 仔を用いた研究で,視床・延髄・基底核.

Acc Chem Res 45:. Nakase I, Akita H, Kogure K, Graslund A, Langel U, Harashima H, Futaki S. Adv Drug Deliv Rev 63:. Katayama T, Kinugawa S, Takada S, Furihata T, Fukushima A, Yokota T, Anzai T, Hibino M, Harashima H, Yamada Y. Mutagenicity of secondary oxidation products of 8-oxo-7,8-dihydro-2&39;-deoxyguanosine 5&39;-triphosphate (8-hydroxy-2&39;- deoxyguanosine 5&39;-triphosphate). 研究者番号 日本の研究.

PubMed ID:. J Control Release 147:. Sano N, Tamura T, Toriyabe N, Nowatari T, Nakayama K, Tanoi T, Murata S, Sakurai Y, Hyodo M, Fukunaga K, Harashima H, Ohkohchi N.

“Development of a New In Vivo Optical Probe for Biological Diagnosis and Therapy” Innovative Medicine, Springer. D&39;Souza Chapter 25 pp. 山田勇磨「ミトコンドリアを標的とする核酸医薬研究」、医学のあゆみ 262巻2号 p142-146 医歯薬出版株式会社 () 4. “Pharmacology of Mitochondria” Handb Exp Pharmacol 240:. Expert Opin Drug Deliv.

Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. Biomater Sci 3:. Nakamura T, Yamada Y, Sato Y, Khalil IA, Harashima H. PubMed ID:. Sakurai Y, Kajimoto K, Harashima H. Shaheen SM, Akita H, Nakamura T, Takayama S, Futaki S, Yamashita A, Katoono R, Yui N, Harashima H. A multifunctional envelope type nano device (MEND) for gene delivery to tumours based on the EPR effect: a strategy for overcoming the PEG dilemma. C末端にエンドゾームへのターゲッティング.

第18章 プローブデリバリーシステム バイオテクノロジーシリーズ 蛍光イメージング/MRIプローブの開発 菊地和也監修、pp、シーエムシー出版 3. "Programmed packaging" for gene delivery. Nakamura T, Akita H, Yamada Y, Hatakeyama H, Harashima H. PubMed ID:. 消費者被害に係る. Ligand density at the surface of a nanoparticle and different uptake mechanism: two important factors for successful siRNA delivery to liver endothelial cells.

中村孝司、原島秀吉 第3章第4節第1項 「DDSによるアジュバントの創製とワクチンへの応用」 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価(石井健 監修)()シーエムシー出版 3. A mitochondrial delivery system using liposome-based nanocarriers that target myoblast cells. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Harashima H. 2 臨時増刊号. Mitochondrion (in press). Insertion and Deletion Mismatches Distant from the Target Position Improve Gene Correction with a Tailed Duplex. 35:. 中村孝司、原島秀吉 「遺伝子治療DDS」最先端材料システムone pointシリーズ(9巻)、ドラッグデリバリーシステム(高分子学会 編集)、p93-114()共立出版 2.

藤井 俊彰 (研究代表者),高橋 桂太 (研究分担者), パナヒプル メヒルダド(研究分担者): "新しい圧縮原理に基づく超高効率ライトフィールド符号化", 日本学術振興会, 科学研究費助成事業, 平成30年度基盤研究(b)(一般), 課題番号18h03261, 平成30-32年度. A novel nonviral gene delivery system: multifunctional envelope-type nano device. Kawai M, Nakamura T, Miura N, Maeta M, Tanaka H, Ueda K, Higashi K, Moribe K, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Hara. Abbasi S, Kajimoto K, Harashima H. 所属 (現在):東京大学,大学院工学系研究科(工学部),特任准教授|公益財団法人川崎市産業振興財団(ナノ医療イノベーションセンター),ナノ医療イノベーションセンター,客員研究員, 研究分野:生体医工学・生体材料学,小区分90120:生体材料学関連,ナノ材料・ナノバイオサイエンス,医用生体工学. Ther Deliv 8:. Akhter A, Hayashi Y, Sakurai Y, Ohga N, Hida K, Harashima H.

Nakamura T, 研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団 Harashima H. Ozaki M, Ozawa T, Yamada Y. PubMed ID:. ファインケミカルシリーズ、ペプチド医薬の最前線、 監修:木曽良明、向井秀仁、第3章 ペプチド創薬に向けてー製剤化・安定化・投与法ー、8.

脂肪血管指向性ペプチドを搭載したナノデバイスによる肥満治療の新戦略、pp、シーエムシー出版. Sakai-Kato K, Nishiyama N, Kozaki M, Nakanishi T, Matsuda Y, Hirano M, Hanada H, Hisada S, Onodera H, Harashima H, Matsumura Y, Kataoka K, Goda Y, Okuda H, Kawanishi T. New drug delivery system for liver sinusoidal endothelial cells for ischemia-reperfusion injury. Nucleic Acid Ther 22. 公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団 平成22年度出版助成金(p-2) (湊元幹太) 114(千円) 財団法人内藤科学技術振興財団 平成22年度研究助成金「細胞サイズリポソームの大容量薬剤キャリアへの応用」 (代表・湊元幹太)1,300(千円). 山田勇磨「ミトコンドリア標的型DDSを基盤とした革新的ナノ医薬品の創製」-最前線、ファルマシア 55巻4号 p. あわせて、人類の疾病の予防と治療に関する自然科学の研究を奨励し、学術の 振興や人々の福祉に寄与することを目的とした「公益財団法人 内藤記念科学振興財団」(東 京都)、医療および医薬品に関する経済学的調査・研究、医薬品等に関する研究開発.

A study of the endocytosis mechanism and transendothelial activity of lung-targeted GALA-modified liposomes. PubMed ID:. PubMed ID:.

, Yamada Y, Harashima H. 中村孝司、佐藤悠介、原島秀吉 「4章 核酸医薬品・遺伝子治療への応用を目的としたDDS開発 4節 リポソームによる核酸送達システムの開発とその課題解決」 DDS先端技術の製剤への応用開発 p(株)技術情報協会 2. 中村孝司 「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」 YAKUGAKU ZASSHI 138:. 内藤財団時報 フォーマット: 雑誌 責任表示: 内藤記念科学振興財団 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 内藤記念科学振興財団 形態: 冊 ; 26cm 著者名: 内藤記念科学振興財団 issn: 0911971x 書誌id: an0036805x.

PubMed ID:. 11: p. 13: p. 生体の科学 56巻5号 (年10.

研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団

email: dyqojal@gmail.com - phone:(528) 432-1197 x 4685

すぐ釣れる!海の人気魚 釣りパラ特別編集 - 曲亭馬琴 俳諧歳時記栞草

-> 宮城郡利府町 2013.4
-> まもろうね!あぶないときのおやくそく 8巻セット

研究ターゲッティング - 内藤記念科学振興財団 - 消化器BOOK 胃癌を診る 治療する


Sitemap 1

現代行政広報研究序説 - 三浦恵次 - 分子間力と表面力 イスラエルアチヴィリ